介護老人保健施設

全個室・ユニット型の介護老人保健施設です。
ユニット型施設とは、個室に入居していただくことにより、障害や認知症をもったご利用者様が今まで過ごされてきた生活に近い形で、個々の生活リズムに添った生活を送っていただけるよう支援しています。
また、10名のご利用者様で1つのユニットを構成し、食事やお茶の時間をこのユニット単位で共に過ごしていただくことで、暮らしの仲間となり、顔なじみの関係が保てます。
定員は10人1ユニットが8ユニット(計80人)。
行事   行事2

介護老人保健施設 4つの機能

1.総合的なケアサービスを提供する施設

施設サービス計画に基づいて、看護・医学的管理下における介護及び機能リハビリ、その他必要な医療並びに日常生活上のケアを行う等、総合的なケアサービスを提供する施設です。
個々の利用者が有する能力に応じて、自立した日常生活を営む事ができるように支援します。

2.家庭復帰をめざす施設

明るく家庭的な雰囲気の中で、利用者の意思と人格を尊重し常に利用者の立場に立ってサービスの提供に努める施設です。
このことにより家庭復帰を目指します。

3.在宅ケアを支援する施設

地域の在宅ケアを支援する施設です。このために短期入所療養介護(ショートステイ)・通所リハビリテーション(デイケア)をはじめ、訪門リハビリテーションなど多様な機能も活かせるよう、在宅ケア支援の拠点となる事を目指しています。

4.地域に開かれた施設

地域や家庭との結びつきを重視した開かれた施設です。このために市町村、居宅介護支援事業者・居宅サービス事業者・他の介護保険施設・保健医療サービスまたは福祉サービスの提供者等との密接な連携に努めるとともに、地域住民にも広く開かれた施設です。

ユニットケアの主な利点

・個人的空間の確保

ユニット内の居室は全て個室です。愛用の日常品を飾るなどの演出が可能です。個性的でプライバシーが確保された生活空間が確保できます。

他の入居者との相互交流のための準個人的空間

個室近くにユニット単位(当施設は10人)での食事・談話スペースがあり、自然な雰囲気の中で他の入居者との人間関係を築くことができ、相互の交流が進みます。

ストレス減少効果

個人の生活空間と、他の入居者との交流空間の両方があることによって、入居者のストレスが減少します。
認知症高齢者の徘徊などが少なくなる例が多く報告されています。

家族との繋がり

家族が周囲の方に気兼ねなく入居者を訪問できるようになり、家族関係が深まることにも繋がります。
(24時間、いつでも面会に来て頂くことができます)