ソフトボール大会

11月の話になりますが、ソフトボール大会をしました。

対戦相手となって下さったのは、他施設の職員です。

こころ上牧チームは、ご利用者様もプレイヤーとして参加されました。

 

プレイヤーとして参加されたご利用者様は、普段の生活の中で、元々野球をされていたという情報から、敷地内での職員とのキャッチボールや・・・

近隣の公園で練習をしました。

そんな中、ご本人様が「いっぺん広いとこで、試合をしたいな。」と言われたことがソフトボール大会のきっかけとなりました。

このことを、対戦相手となって下さった施設に、ご相談させて頂くと快く対戦相手を引き受けて下さいました。

試合当日は、同じフロアのご利用者様や、ご家族も応援に駆け付けて下さり、普段は見られない一面を見ることが出来ました。

この話が出た当初は、ご利用者様がプレイヤーとして参加されることに不安な声もありましたが、実現させたいというスタッフの想いや、当該ご利用者様のご家族様の理解があり、なおかつ応援しに現地まで来て下さったので、実現することが出来ました。

 

そして不安を一層されるようなプレーを見せられたご本人の姿に感動すると同時に、ご利用者様の可能性を信じて、実現することの大切さを学ぶ機会となりました。

 

関わって下さった職員も含めた皆様のご協力があって実現したので、皆様に感謝いたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です