今年はオープンスクールでの講師としてお話してきました(^^)

本日、近くにあります広畑第二小学校4年生の総合学習の授業で、高齢者福祉について講師として招かれお話しをしてきました。

毎年お呼びいただき、今年で4回目の授業をしているのですが今年はその日がオープンスクールということで、御父兄の方々も参観されておられ大変緊張しながらも一生懸命に話を聞いて、ノートに書いてくれる子供たちを前に楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

dscf2427  dscf2429

子供たちに少しでも福祉に対して興味を持ってもらえたらと思います。

授業が終わり、その場を後にする時に先生方、御父兄の方々からも「ありがとうございました。いいお話でした。」とお言葉をいただき大変嬉しかったです(*^^*)

また来年もよろしくお願いします(^^)

今年はオープンスクールでの講師としてお話してきました(^^)」への2件のフィードバック

  1. 中塚 博(広畑第二小学校)

    野勢様
     このたびも子どもたちのために貴重なお話をありがとうございました。 
    今回はオープンスクールの日を設定させていただきました。2013年度に初めてお願いしてから早4回目の高齢者福祉学習でした。これまで子どもたちと教職員だけが聴かせていただいていたのですが、大変貴重なよいお話を少しでも地域の方にも知ってもらいたい、裾野を広げたいという思いがあり、24日に設定させていただきました。
     思えば、初めてお願いした時(2013年)、現施設長様に貴重なお時間をいただき、教育的意義や趣旨について話をさせていただきました。そこでお聞かせいただいたこと、介護するだけが目的ではない、「生きる歓び」が大切だということ、笑顔で接する介護福祉士をはじめとする方々の思いや施設全体の風土が、まさに子どもたちに学ばせたい生きた教材だと感じることができたのです。
     福祉の考え方はすべての方の幸せにつながるはずですので、とても大事な学習だと考えています。毎年、教師も子どもたちも入れ替わりますので、「こころ広畑」で取り組まれている内容や職員の皆さんの思いをどうぞこれからも広畑第二小学校の子どもたちのために教えていただければ幸いです。

     私がこの4年間で4年生に多く関わっておりました関係もあり、(私の希望が大変大きいのですが)高齢者福祉学習が続いています。時を同じくして4年生を担当した教職員にも好評で、私が転勤しても続きそうです。あくまでも学年の計画に基づいて進めていくものですが、地に足ついてきた感じがします。どうぞこれからも力をお貸しください。よろしくお願いします。

    返信
    1. kokoro-kanri

      広畑第二小学校 中塚先生様へ

       いつもお世話になっております。この度も貴重なお時間を頂きありがとうございました。
       私もご縁があり2013年にこころ広畑で働くことになり、地域で何ができるのか?模索しておりましたところ、
      中塚先生よりお声を掛けていただき、現在につながっていることを感謝しておりますし、光栄に思っております。
       この度頂いたメールを拝見し、「生きる歓び」や「福祉の考え方はすべての方の幸せにつながる」というお言葉
      に共感し、お返事させていただいております。
       「障害があるから不便」なのではなく、「障害とともに生きることを拒否する社会であるから不便」である今の
      社会を微力ながら、変えたいと思っています。
       我々だけでは何もできませんが、この広畑という街で未来の社会の担い手である子どもたちに伝えて、この広畑
      から何か発信できていけばという想いでおります。
       まだまだ4回目ですし、交流の機会も少ないですが、今後も継続して伝えていきたいと思います。
       今後ともよろしくお願い致します。

      特別養護老人ホームこころ広畑 
      施設長 古井 洋平

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です